ヨシケイのプチママ料金は?

MENU

ヨシケイのプチママ料金は?

ヨシケイのプチママ料金は?

 

ヨシケイでプチママを注文すると、料金はいくらになるのでしょう。

 

4日間で4,600円(税込)、5日間で5,700円(税込)となっています。

 

一見高いように見えますが、プチママは1週間まとめて注文になります。ほぼ1週間分の夕食の金額が、5,000円前後でできるということは、1日1,000円前後ですので、はじめやすい価格なのではないでしょうか。

 

配達エリアによって、メニューやシステムが多少変わりますので、はじめて注文するときには自分の入ったエリアのヨシケイに詳しいことは聞いてみましょう。

 

プチママのよいところは、おかずの主菜と副菜の2品構成になっていることです。

ヨシケイのプチママ料金は?

 

栄養のバランスを考えると、主菜だけではなかなかとりきれません。そこで、副菜を1品つけることでバランスをとっているのです。食材が届けられるので、あとはレシピを見ながら調理するだけです。

 

調理時間が20分から30分になるように作られています。

 

また、できた献立からとりわけて、子どもの離乳食を作ることができます。離乳食には、初期、中期、後期、完了期の4種類が載っています。歯ができてくる成長に合わせて、食べ物の固さを調整できるようにレシピが考えられています。

 

ヨシケイのプチママの料金は、1週間通して注文しての料金です。

 

離乳食でママが気を付ける4つのポイント

赤ちゃんに対する離乳食は、タイミングを見計らって母乳もしくは粉ミルクから徐々に移行していく方が良いです。そこで、離乳食をあげる時に気をつけなければならない4つのポイントがあります。

 

1つ目のポイントは

離乳食の具材の大きさですが、野菜などを切って入れる際、赤ちゃんが食べやすいように細かく刻んであげることが大事です。あまり大きい具材だと、赤ちゃんがのどを詰まらせてしまうこともありますから、大きさには気をつけましょう。

 

2つ目のポイントは

アレルギーのあるものを与えないことです。赤ちゃんに食物アレルギーがある場合、市販されている離乳食などにはアレルギー物質が含まれているものがあります。気付かずに与えると健康被害を起こすこともありますから、必ず成分を確認することがポイントです。

 

3つ目のポイントは

毎日同じ味のものを与えないということです。赤ちゃんにも味覚がありますので、毎日同じものだと飽きて食べなくなることがあります。ですから、味のバリエーションをいくつか用意しておくことも重要です。

 

4つ目のポイントは

栄養バランスが整っている離乳食をあげることです。そうすれば、赤ちゃんが健康に育っていきますので、これら4つのポイントを抑えておきましょう。

 

離乳食で食物アレルギーの原因になりやすい食材とは?

赤ちゃんは離乳食が始まった頃から食物アレルギーが出やすくなります。

 

アレルギーを最も起こしやすいと言われている食材が「たまご」、「乳製品」、「小麦」の三つで、これを三大アレルゲンと言います。

 

その中でもたまごの「白身」が最もアレルギーリスクの高い食材であり、白身に含まれているオボムコイドという成分がアレルギーの原因とされています。そのため離乳食では黄身を最初に食べさせてから白身を食べさせる順番で進めます。牛乳やチーズなどの乳製品もアレルギーが出やすいので初めて食べさせる際には注意が必要です。

 

最近になって増え始めたのが小麦アレルギーです。

小麦を使用した食品を食べる機会や量が増えているため増加傾向にあるとされています。うどん、パスタ、パンなどを食べてアレルギー症状が出たら小麦アレルギーを一番に疑いましょう。

 

アレルギー予防の方法としては、毎回食べさせる食材を変える、食べ物は過熱する、タンパク質を与えすぎないなどがあります。食べ物を毎回変えることで赤ちゃんのアレルギーになりやすい食材をたくさん食べさせないようにし、加熱をすることで殺菌をすると同時にタンパク質を変化させます。

 

タンパク質である卵や乳製品はアレルギーの原因になる場合が多いので食べさせる量を少なめにし、与える間隔を空けるようにします。

 

 

ヨシケイ